1975年。
茅ヶ崎の若者4人が、ここ茅ヶ崎の地でロックンロールを響かせたい、と、「湘南ロックンロールセンター」というイベントを仕掛けた。
 

そのうちの1人には、後にサザンオールスターズの名付け親にもなり、近年は映画「茅ヶ崎物語」も手がけた音楽研究家、宮治淳一もいる。
 

湘南ロックンロールセンターがなければ、この茅ヶ崎という海しかない町に、音楽、芸術の文化が根付くこともなかった。
 

その精神を受け継ぎ、今再びこの地で、茅ヶ崎が生んだ音楽を、茅ヶ崎で響かせたい。
それが、湘南ロックンロールセンターAGAINである。

EVENT
GOODS
BLOG
 

© 2019  湘南ロックンロールセンターAGAIN