『ぼくらの茅ヶ崎物語』あと発売まで5日‼解説Vol.2

ぼくらの茅ヶ崎物語

日本のポップス創世記 茅ヶ崎サウンド・ヒストリー


●目次

巻頭 写真集:錆びれた海辺の国道(ルート)にて

「図解・パシフィックホテル」 :イラスト= maki ayumi

序文 真夜中育ちの民に愛を込めて:文=釈 順正

①湘南ロックンロールセンターと桑田の時代 70’sの茅ヶ崎サウンド

 :取材・文=釈 順正 証言=湘南ロックンロールセンターOB会

②あの夏へ…湘南サウンドと幻想の茅ヶ崎

③茅ヶ崎音楽物語年表

 :監修・コラム=釈 順正

 :年表=早坂万葉(桑田担当)・国木田甚一(加山担当)

     山下めぐ(ワンズ&GS担当)・首藤弘美(流行歌担当)

④茅ヶ崎の若大将、生きる伝説 〜新田和長が語る

 :新田和長・国木田甚一

⑤海を渡った喜多嶋修の足跡

 :中村俊夫

⑥湘南サウンドの世界

 :鈴木啓之

⑦50年目のSummer ブレバタの茅ヶ崎

 :岩沢二弓・釈順正

⑧湘南の地から誕生した自然児 〜JK Meets ザ・ワイルドワンズ

 :山下めぐ

⑨鎌倉の男・島英二

 :島 英二・山下めぐ

⑩湘南ガールからハマガールへ 〜石黒ケイのアドリブ

 :石黒ケイ・釈 順正

⑪ヘルマン・岡本洋平の「観」 〜茅ヶ崎マインドにゃ雨が降る

 :岡本洋平・釈 順正

⑫茅ヶ崎歴史物語 〜仏教史学からの湘南・茅ヶ崎入門

 :釈 順正

⑬もうひとつの「茅ヶ崎音楽」 〜茅ヶ崎を歌ったポップスの世界

 :高橋洋平

⑭ 写真特集 ぼくらの茅ヶ崎レコード特集


付録 茅ヶ崎物語巡礼MAP

あとがき

10日前からカウントダウンでブログを書くぞ!と意気込んでいたのですが、

案の定、三日坊主、てるてる坊主、仁和寺にある法師…。


目次を記させて頂きました、すごいよね?茅ヶ崎の宝箱や〜!!

ちょっとずつ解説を続けますm(_ _)m



「図解・パシフィックホテル」 :イラスト= maki ayumi


…本書の最初の見どころは、やはりHOTEL PACIFICについて。

本をお求めになられましたら、まず扉ページを開いて一杯やって下さい。


ayumiさんのイラストは、パシフィック下から見るか上から見るか、

で、上からマリコ、鳥瞰図(ちょうかんず、英: bird's eye view)ですね。


国会図書館でパシフィックの設計図を探し、コピーし

かなり試行錯誤しながら、ayumiさん…最高なイラストを書いてくれました。


もはや茅ヶ崎あたりのローカルじゃ、これだけで売れちゃう!?w

①湘南ロックンロールセンターと桑田の時代 70'sの茅ヶ崎サウンド

 :取材・文=釈 順正 証言=湘南ロックンロールセンターOB会


いきなりの王将です。いきなりステーキ。

桑田佳祐さんがサザンオールスターズとして初のステージを踏んだ、

湘南ロックンロールセンター(1975〜)について、

当時の運営メンバーである宮治淳一/萩野(清水)大作/福園泰太郎/中島直、

ランプポストとして出演の中央大学軽音・斉藤誠/望月光司、

そして桑田さんの幼なじみ湯川高彰、鎌高祭バンド仲間・中村元昭《敬称略》に

当時のお話を徹底的にインタビュー。


70年代の茅ヶ崎サウンドが分かるるとともに、

サザンオールスターズがデビューへと向かっていく様子が分かります。

…続きは買って!!

③茅ヶ崎音楽物語年表

 :監修・コラム=釈 順正

 :年表=早坂万葉(桑田担当)・国木田甚一(加山担当)

     山下めぐ(ワンズ&GS担当)・首藤弘美(流行歌担当)


そしてダメ押しの加山さん誕生〜サザン初紅白出場までの、

茅ヶ崎サウンド年表!!涙なくしては語れない!!

しかし語っていると長くなっちゃうから買って!!w


間違いなく、本書で一番時間がかかりました。

でも、とてもとても素晴らしい、茅ヶ崎史という歴史観の中で

サウンド・カルチャーがどのように動いていたが一目瞭然です。


SAS/桑田担当は「万葉集」から名付けられたという、万葉ちゃん

すさまじい情報処理能力で、膨大な過去資料をまとめてくれました。

本当に79年までと区切って正解、一生終わらないよこれ…と(笑)


若大将担当は、いま茅ヶ崎で一番アホだと思われている国木田甚一

(おそらくそれは正しい…)

若大将に憧れて、福島県から茅ヶ崎・名門文教大学へきた24歳。

やっぱりね、熱量が違う。ただのアホじゃない。


加瀬邦彦率いるワンズ&GS担当は、なんとJK!!

ジュンコキクチじゃないよ、女子高校生ですよ、山下めぐ

すでに所有するEPは400枚を越しています、お嫁においで。

またこの子の「想い」が半端ねえ、大迫半端な…(ry

将来が不安です、もう第二の宮治淳一候補ですw


流行歌担当は首藤の姐さん。

選定基準がなかなか難しく、基本的には

大将・若大将・ワンズ・尾崎さんがCoverしたことある曲を

最優先で掲載しております。これも珍しい基準でしょ?面白いでしょ?

さて今回はここまで。

とにかく音楽はCDを買ってもらわな話にならんのと同じで、

ぼくらの物語を聴いていただくには、書籍を買ってやって下さい。


握手券もチェキ券も付きません、でも愛はいっぱい付いてきます。


ぼくらの茅ヶ崎物語

日本のポップス創世記 茅ヶ崎サウンド・ヒストリー

釈 順正(湘南ロックンロールセンターAGAIN)=編

A5サイズ/224ページ/本体価格1,800円+税

2019年7月30日発売




  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE@

© 2019  湘南ロックンロールセンターAGAIN